四季百景和歌山市

下記情報は2016年6月30日をもって終了しました。

今こそ巡りたい、紀州徳川家ゆかりの地

和歌山城
白亜の三層の大天守閣。虎伏山の頂上に位置し、市街地を四方に見下ろせる大パノラマが広がります。現在の天守閣は、戦災後の昭和33年(1958)に再建されたもの。内部には徳川家ゆかりの品が展示されています。

和歌山城

天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まり。元和5年(1619)に徳川家康の十男・頼宣(よりのぶ)が入城し、紀州55万5千石の城となり、以来、水戸・尾張と並び、徳川御三家のひとつとして、長い歴史を刻んできました。こんもりと緑茂る虎伏山(とらふすやま)に白亜の天守閣がそびえ、御三家の威容にふさわしい風格を醸し出しています。

住所 和歌山市一番丁3
問い合せ 073-422-8979
開口時間 9:00〜17:30(入場は17:00まで)
休日 12月29日〜31日
料金 天守閣のみ有料/大人410円、小中学生200円
交通 和歌山バス「公園前」下車 Pあり

西之丸庭園

西之丸庭園

国指定の名勝で江戸時代初期作の大名庭園であり、城郭内にある池泉回遊式庭園。庭園内の茶室「紅松庵」では点出しでお抹茶をいただけます。(一服460円・生菓子付き)入園無料。

開口時間 9:00〜17:00(紅松庵は〜16:30)
休日 庭園は12月29日〜31日、茶室は12月29日〜1月3日

御橋廊下
廊下内は藩主気分で優雅に渡るのが鉄則。格子戸から見える天守閣はまるで絵画のようです。

御橋廊下

藩主と一部のお付の者だけが藩の政庁や藩の生活の場である二の丸と藩主の趣味の場である西の丸を行き来するために架けられた橋で、屋根を設け、外からは見えない造り。斜めに架かる橋としては、全国的にも珍しい構造です。

開口時間 9:00〜17:00
休日 12月29日〜1月3日

わかやま歴史館
1階の和歌山城観光案内所でぜひチャレンジしたいのが、甲冑の無料体験サービス。お城をバックに記念撮影しましょう。

わかやま歴史館

和歌山城について学ぶなら2階の歴史展示室へ。紀州徳川家に伝来する金印をはじめとする貴重な資料は一見の価値あり。特にCGで蘇った江戸後期の和歌山城の映像は圧巻です。

TEL 073-435-1044
開口時間 【観光土産品センター】9:00〜17:00
【観光案内所】8:30〜17:15
【歴史展示室】9:00〜17:30(入場は17:00まで)
料金 大人(高校生以上)100円、中学生以下 無料
※天守閣との共通入場券もあり
休日 12月29日〜31日

EVENT GUIDE

桜まつり

恒例のお花見イベント。期間中は日没後、22:00まで桜並木にボンボリや提灯が飾られ、屋台も並びます。

開催 3月下旬〜4月上旬
場所 和歌山城
問い合せ 073-435-1044(和歌山城整備企画課)

見てみよう!和歌山城オモロイとこ

伏虎像 和歌山城が建つ山は虎の伏した姿に似ていたため、別名「虎伏城」と呼ばれたことにちなんで作られました。迫力ある虎というより、可愛い猫ちゃん?
石垣の刻印 和歌山城の石垣には、多数の刻印が見られ、浅野時代の城づくりの様子を想像することができます。案内の看板もあるので散策時に見つけて♪
和歌山公演動物園 全国でも珍しいお城の中にある動物園で、ツキノワグマやポニー、ペンギン、水鳥など約30種の動物たちがお出迎え! 入場無料。

紀州徳川家ゆかりの地見学ツアー

紀州東照宮

紀州東照宮

元和7年(1621)に初代藩主頼宣が創建。本殿、拝殿は国の重要文化財で「関西の日光」とも称されています。左甚五郎作の彫刻や狩野探幽作の壁画など精巧な彫刻と極彩色が特徴で地元では「権現さん」の愛称で親しまれています。

住所 和歌山市和歌浦西2-1-20
問い合せ 073-444-0808
開口時間 9:00〜17:00
駐車場 あり
料金 無料 ※社殿拝観料のみ有料(説明付き)/大人500円、小人250円
交通 和歌山バス「権現前」下車徒歩約1分

恵運寺

恵運寺

初代藩主頼宣の広厳無窮と天下泰平長昌を祈念するために建立。2度の改名を経て、現在に至ります。平成24年には日本三大忍術伝書の1つ『正忍記』を記した藩の軍学者・名取三十郎正澄の墓石が見つかり話題になりました。

住所 和歌山市吹上3-1-66
問い合せ 073-424-7633
開口時間 9:00〜17:00
料金 無料
交通 和歌山バス「日赤医療センター前」下車徒歩約5分
駐車場 あり

無量光寺

無量光寺

第10代藩主治宝の時代に、徳本上人を開基として創建。高さ約3mの「首大仏」は、首から上のことならご利益があるということで、多くの受験生が参拝します。

住所 和歌山市吹上5-1-35
問い合せ 073-423-5738
開口時間 9:00〜16:30
料金 無料
交通 和歌山バス「日赤医療センター前」下車徒歩約10分
駐車場 あり

養翠園

養翠園

第10代藩主・治宝により文政年間に造営された海水を利用した池泉回遊式庭園で、武家庭園の代表作。数寄屋造りの養翠亭や茶室など見どころ満載です。

住所 和歌山市西浜1164
問い合せ 073-444-1430
開口時間 9:00〜18:00 ※9月から3月は〜17:00
休日 無休
料金 大人600円、小人300円
交通 和歌山バス「養翠園前」下車すぐ
駐車場 あり

より大きな地図で 四季百景 2016 春 和歌山城 を表示

春作品一覧はこちら